スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でっかいどう~北海道(最終日)

SN3F0065_1365.jpg
8月24日 十勝川温泉第一ホテル 朝 部屋からの風景

SN3F0073_1373.jpg
朝食です。

これから、東京に戻るまで少しの時間、十勝、帯広を観光します。

最初に・・・SN3F0077_1377.jpg
真鍋庭園です。
ここは、日本庭園を中心に24,000坪の敷地に西洋風庭園や風景式庭園があり回遊しながら庭を楽しめます。
SN3F0075_1375.jpg
出口付近です。

次ぎに十勝ヒルズへ行きました。

ここでは、ヒップホップのアイスを食べました。その後、ここにもあるフラワーガーデンを堪能しました。
なんと、こちらのスタッフさんがカートを運転して裂いている植物の説明を一づつ丁寧にしてくれました。ここでは、とても沢山のトンボが生息していて、大変珍しいトンボもいるとのことです。
当日も写真集のための写真撮影をしていました。

さて、次ぎに訪れた場所は・・・
帯広市畜産研修センターにあるカウベルハウスで休憩
SN3F0080_1380.jpg
SN3F0079_1379.jpg
一面、牧場で何処見ても牛がいました(笑)

牛を堪能したのち、次の目的地に行く途中、ジンギスカンを頂きました(笑)
北海道では簡単にジンギスカンがいただけるんですねぇ。

さて、お腹もいっぱいになり次ぎに訪れたのは、中礼内美術館に行きました。
ここは、六花亭がこの土地を保有し、以前からこの地に生息していた柏の木を保護しています。
そして、その柏の林の中にこの地に由来する芸術家の作品を展示している美術館がありました。
因みに、大変天気が悪くと言うか、豪雨でした(汗)
是非、天気の良いときに訪れたいところです。

さて、北海道最期の観光地はここです。
SN3F0082_1382.jpg
行ってきました。丁度、空いている時間帯だったようです。と言うか、天気も余りよく無くって(笑)殆ど、人がいませんでした。
SN3F0081_1381.jpg
この写真には牛しか写っていませんが、この隣に馬、そしてホエー豚がいました。

そろそろ飛行場へ車を走らせます。
途中、幸福駅を見ながら飛行場へ向かいました。

SN3F0086_1386.jpg
とかち帯広空港です。

SN3F0085_1385.jpg
ばんば馬が置いて有りました(笑)

さて、最終便に乗るのでここで夕食をいただきました。
SN3F0083_1383.jpg
とかち名物豚丼です。
本当はホエー豚丼が食べたかったんですが、残念!売り切れでした。

おまけに・・・
SN3F0084_1384.jpg
じゃがバターも食べちゃいました(笑)

さて、20:25発羽田行きのJALに乗って戻ってきました。
羽田着22:00予定羽田からはリムジンバスで新百合ヶ丘へ
無事、自宅には24:00少し前に到着しました。

こうやって思い出してみると、結構めまぐるしくまわって来ました。
ひとつひとつは本当に楽しい思い出になっています。

おまけ・・・

SN3F0087_1387.jpg我が家のスコッチ'S用です。
DSCN2034_1458_convert_20090930175242.jpgシロクマ
DSCN2035_1459_convert_20090930175410.jpgかぴぱら
SN3F0089_1389_20090930175037.jpg小樽で求めた万華鏡です。
DSCN2036_1460_convert_20090930175453.jpg富良野 富田ファームのラベンダーキャンドルです。
DSCN2038_1462_convert_20090930175529.jpgドラマ風のガーデンの禎三先生の花言葉集
DSCN2040_1464_convert_20090930175608.jpg優佳良織の糸で作ったリース
DSCN2041_1465_convert_20090930175652.jpg優佳良織ティッシュケース
DSCN2043_1467_convert_20090930175732.jpg優佳良織小さい巾着袋
DSCN2044_1468_convert_20090930175813.jpg優佳良織ペンケース
これらは全て私用です(笑)

スポンサーサイト

でっかいど~北海道(富良野・十勝)

8月23日(日)朝、ホテルで朝食を食べて、8:30頃出発です。
最初に向かったのは、昨日も立ち寄った富良野駅です。
先ずは、「北の国から資料館」
kita002.jpg
                    
                    DSCN1973_1398_convert_20090906201558.jpg

ここでは、北の国からで出演した方々の写真パネルや、使用した小道具やセットの一部が移設され、展示しています。

さて、資料館で北の国からの情報を仕入れて、実際ロケで使った場所の見学に一路、「麓郷」という地区へ向かいました。

DSCN1975_1400_convert_20090906201636.jpg
                       DSCN1978_1403_convert_20090906201716.jpg
kita005.jpg
                        kita006.jpg
kita007.jpg
ここでは、一角にロケで用いた家が数件建っていて、中も見学出来るようになっています。
テレビで放映されていたまんまの状態で保存しています。
このとき、あいにくの雨でそうそうに次の場所に移動しました。

kita008.jpg
麓郷の森入り口です。車で5分くらいの所にあります。

kita009.jpg
                          
                      kita010.jpg

kita011.jpg
                
                       kita012.jpg

kita013.jpg

                        kita014.jpg
こんな感じの標識が有って、迷わずに目的日辿り着きます。
ここは、正に森の中に小屋を建ててロケをしていたようです。

kita015.jpg
五郎の石の家です。

                         kita016.jpg
ここに入る前に全体が見渡せるように展望台があるんですが、実はそこから更に家の側に行けるんです。

kita017.jpg
石の家の側に建っていました。
実は、北の国からは断片的にしか見ていなかったので、場面がそれほど明瞭に思い浮かびません。
しかし、朧気ながらその時話題になったストーリーとして知っている部分もあるので、何となく解ったような気がしていまし。(苦笑)

この北の国からのロケ地「麓郷」地区は、ロケ地が点在しているだけあって、標識もわかりやすくでているので、麓郷に付くと、比較的道に迷う事はありません。そして、ロケ地からロケ地への移動もそれほど離れていないので、車だと本当に簡単に廻れました。

さて、大方北の国からのロケ地巡りしたので、次は、浅田次郎さんの「鉄道員」のロケ地にも足を延ばしました。途中、富良野ジャム園にも立ち寄りましたが、お土産様のジャムが置いてあったり、おみやげ物が販売されていました。

さて、「鉄道員」のロケ地はJR根室本線の「幾寅」と言う駅が正しく、鉄道員のロケ地なんです。

popo001.jpg
高倉健さんが主演で撮影された鉄道員のいた駅です。
本当は、「幾寅」という駅なんですが、ストーリーでは「幌舞駅」としてセットが組まれました。
本当の駅舎の真後ろに作られていて、実際ホームにも入れるようになっていました。

                    popo002.jpg

popo003.jpg

中に入ると撮影風景や出演者の方たちの写真が展示されていました。

さて、富良野でのロケ地観光も済ませてまた、ひたすら車を走らせ、十勝へ向かうことになりました。
途中、狩勝峠に立ち寄りたかったのですが、ナビが高速道路を優先してしまい、結局、峠には行けませんでした。そのお陰で、牧場の側に通っている高速だったので、十勝の牧場風景がトンネルを潜る度に開けて、それはそれで大変十勝の景色を堪能できました。
そして、次なる目的地の「千年の森」へ向かいました。

SN3F0076_1376.jpg
                 
                      SN3F0039_1339.jpg

SN3F0038_1338.jpg

                     SN3F0024_1324.jpg

SN3F0037_1337.jpg

                      SN3F0032_1332.jpg

SN3F0033_1333.jpg

                       SN3F0031_1331.jpg


十勝千年の森
ここは本当に広くって、ついでに観光する様なところではありません。
是非、一度「千年の森」のHPに立ち寄って見て下さい。
私は、無料で廻れるエリアを散策しただけでしたが、本当に自然に包まれた気持ちもゆったりして、イヤされる場所でした。
本日の昼食はここのレストランで頂きました。

SN3F0025_1325.jpg

                       SN3F0026_1326.jpg

SN3F0027_1327.jpg

                       SN3F0028_1328.jpg

SN3F0029_1329.jpg

                        SN3F0030_1330.jpg
ここでいただい食材は、ここでで収穫した低農薬・有機飼育の山羊チーズや野菜などを調理・製造して安全・安心・健康に配慮した料理で、地元の農畜産物を積極的に仕入れ、地産地消、スローフードを念頭おき、こだわりの「お野菜料理」をビュッフェスタイルで楽しめるようにしていました。
ゆっくりと、しっかり、美味しくいただきました。

さて、本日の最終目的地は十勝川温泉なので、また暫く車を走らせました。
車で走っていると、帯広の町中に出ました。
ここ数日、町中を走って居なかったので、何となく対向車が絶え間なく走しり、廻りに車が一緒に走っている道路を嬉しく感じながら一路、本日の宿泊する宿に向かいました。

SN3F0074_1374.jpg十勝川温泉第一ホテル豊州亭です。
この写真翌朝の撮影したので、逆光ですが・・・

今夜宿泊する部屋です。SN3F0041_1341.jpg

SN3F0045_1345.jpg SN3F0044_1344.jpg

SN3F0043_1343.jpg

SN3F0042_1342.jpg ちょっと、暗いですが・・・室内にある温泉です。

部屋から見える風景 SN3F0040_1340.jpg 十勝川です。

さて、ホテルに到着して8/20から借りていた車を返却しました。
十勝では、親戚の方たちとお目にかかり、明日一日ご案内下さることになっています。
そのため、親戚の方がホテルに明日の打ち合わせを兼ねていらして下さいました。
親戚と言いますのは、母の従兄弟で昭和一桁生まれのご夫妻です。
一度、ホテルを出て十勝・帯広では有名な「柳月」というお菓子屋さんでお茶をしました。
時間が早ければ、工場見学も出来たんですが、すでに見学は終了してしまいましたので、ケーキを食べてお茶お飲みながら明日の打ち合わせをしました。
実は、ホテルからここ柳月までの車の運転は何故か私がしたんですよぉ。なんか変じゃありませねんか(苦笑)まぁ、あまり深く考えずにハンドルを握っていました(笑)
今日の所は、2時間程度の面会でホテルまで戻りまた、明日の朝ホテルに迎えに来ていただくことになりました。
私たちは、自室で夕食頂くことになっていましたので、部屋に引き上げました。

さて、北海道最期の夜の食事です。

《おしながき》

食前酒 北海道神宮の梅酒
前  菜 旬彩盛り 七品
お造り  根室産大助 生雲丹つまみ湯葉 すずき 厚岸産北寄貝 あしらい一式
焼  物 道産黒毛和牛もも肉一口ステーキ野菜添え
冷やし煮物 十勝幕別産インカのめざめ 車海老 冬瓜 レンコン オクラ ふり柚子
合 肴  合鴨ロース 焼長芋 長ネギ
冷し鉢  道産じゃがいも麺ぶっかけ モロヘイヤ みょうが 浅月 切胡麻
進 肴  十勝大樹産時鮭と十勝野菜の香り炒め
酢の物 紋別産浜茹で毛蟹 レモン
お食事 新生姜とイカ炊込み御飯
留 椀  オホーツク産柚子 くず打ち じゅん菜 梅肉 白髪ネギ
香の物 紅鮭はさみ漬 胡瓜 福神漬
水菓子 十勝産小豆プリン 生キャラメル 生クリーム ブルーベリー

おしながきと写真の順番が違うんですが・・・
食べた気になってご覧ください。

SN3F0050_1350.jpg
SN3F0049_1349.jpg
SN3F0048_1348.jpg
SN3F0057_1357.jpg
SN3F0056_1356.jpg
SN3F0055_1355.jpg
SN3F0054_1354.jpg
SN3F0053_1353.jpg
SN3F0052_1352.jpg
SN3F0062_1362.jpg
SN3F0061_1361.jpg
SN3F0060_1360.jpg
SN3F0059_1359.jpg
SN3F0058_1358.jpg
SN3F0069_1369.jpg

食事も美味しく、目も舌もお腹も満足してゆっくり温泉も浸かってゆったりとして十勝のを満喫して床につきました。

つづく・・・



でっかいどう~北海道!(富良野)

美瑛から国道237号を富良野駅方面に進んで行くと「かんのファーム」と言う看板が目に入りました。
kanno003.jpg
流石に、ラベンダーは終わってしまいましたが・・・

kanno002.jpg
          kanno001.jpg

綺麗な花を堪能したあと、富良野駅方面に車を走らせます。
途中、「深山峠」と言う本来なら景色の良い展望台があったのですが、あいにくの天候で雨が降ったり止んだりしていたので降りずに先に進みました。

次ぎに立ち寄った場所は・・・

0908+393_convert_20090906173441.jpg
ファーム富田です。 0908+394_convert_20090906183719.jpg

ここは、ラベンダーで大変有名なところです。
でも、残念ながらやっぱり一番綺麗な時期が過ぎていました(残念!)
で、ちょっとでもその恩恵に与りたかったので・・・

0908+386_convert_20090906174418.jpg食べちゃいました
ラベンダープリンです。  正直、それほど美味しい~と言うほどでは無かったんですが・・・(これは私感)

ラベンダーの他にも名物がありました!

0908+377_convert_20090906173526.jpg これです。

夕張メロンではありません!これは、富良野メロンというブランドです。
このメロンは、夕張よりも収穫時期が遅いので、私たちが行っていた時期が丁度頃合いの時でした。
特に、今年は出来が良かったとのこと。ホント美味しかった~甘さがしつこく無くって良かったです。
さて、ここでは他にも
0908+388_convert_20090906174450.jpg
たまねぎ・ジャガイモなども当然収穫しています。

さて、食べ物ばかりご紹介しましたが・・・
実は、ハウスでラベンダーを栽培していました。

0908+384_convert_20090906173742.jpg

0908+380_convert_20090906173601.jpg外では、ラベンダーを収穫したあとです。
奥に映って居るお家でラベンダーを用いた製品が販売されていました。

さて、そろそろ夕方になってきたので、一路富良野駅へ向かいました。
なぜ、駅に行くかと言うと・・・

DSCN1972_1397_convert_20090906201524.jpg
ここには、観光センターがあります。ここに、立ち寄り観光したいところを告げると、時間と順路を的確に教えてくれます。
既に、17:00間近になっていましたが、観光センターの方に伺って、駅前の「北の国から資料館」に行くか、「風のガーデン」に行くか迷ったあげく、明日の観光ルートを考え結局、まだ閉館時間に間に合う「風のガーデン」行きました。
「風のガーデン」は新プリンスホテルの敷地内に設置されています。
このガーデンはTVドラマのために数年前から作り始めたそうです。

0908+397_convert_20090906200839.jpg
                kaze002.jpg

kaze003.jpg
                
                 kaze004.jpg

kaze005.jpg

                kaze006.jpg

ドラマをご覧だった方は、懐かしいと思っていただければ幸いですが

どことなく、秋を感じるお庭でした。

「風のガーデン」は先ほども申しましたように、新プリンスホテル内にあります。
受付でチェックすると、ガーデンまでワゴン車で送迎してくれます。
結局、この日最期の来客グループに入ることができ、ドラマのワンシーンを思い出しながら堪能してきました。

さて、本日の観光はここで、終了です。
一路、本日宿泊するホテルに車を走らせました。

furano004.jpg
富良野プリンスホテル

                  furano003.jpg
部屋から望む風景
frano002.jpg
ちょっと残念な夕食

このホテルは、多分冬のスキー客をターゲットにしている様で、今ひとつ今回の私たちには残念なホテルでした(苦笑)

さて、気を取り直して・・・翌日十勝へ向かいます。

つづく・・・

でっかいど~北海道(旭川・美瑛)

8月22日(土) 朝7:00朝食を摂ったあと、1個目のスーツケースを自宅に発送。

9:00ホテル出発!
先ずは、優佳良織工芸館へ
実は、ここは3つの施設で出来ています。0908+293_convert_20090906142258.jpg
優佳良織工芸館、国際染色美術館、雪の美術館です。この3つを合わせて北海道伝統美術工芸村と称しています。
皆さんご存じとは思いますが・・・優佳良織は、旭川市の染織家木内綾、木内和博の両氏が北海道の風土をテーマに創作した手織物です。
ここでは、優佳良織の芸術作品の数々を見てそして、お土産を買って帰りました。
0908+295_convert_20090905220634.jpg 雪の美術館 今回は入りませんでした。

さて、伝統美術工芸村をあとにして、次ぎに向かったのは・・・
旭川博物館です。
ここでは、旭川の歴史も解りますが特にアイヌの歴史や生活が解ります。
昨日立ち寄った、観光協会お薦めのスポットです(笑)
本当は、「アイヌ文化の森 伝承のコタン」に行きたかったんですが今回の観光ルートに上手く組み込めず、断念しました。
25年くらい前に北海道に来たときには、こんなに博物館とかは無かったと思います。
そして、その時は、アイヌの方々がお祭りの踊りや、昔話をアイヌ語でして下さった記憶があります。

旭川ともここでお別れです。一路、富良野目指して国道237号線へ車を走らせます。

先ずは、四季彩の丘 0908+298_convert_20090906142538.jpg

0908+303_convert_20090906142633.jpg ハートの木

今が盛りの鶏頭です。 0908+322_convert_20090906170932.jpg

0908+325_convert_20090906171006.jpg ここでは、トラクターを改造した観光案内の乗り物で案内をして貰いました。
残念ながら、ここでは雨が降ったり止んだりでした。

さて、今回の「美瑛」では、パノラマロードから回りました。
四季の丘→拓真館→哲学の木→千代田の丘見晴台→三愛の丘展望公園→クリスマスツリーの木

そこで、次なる目的地「拓真館」へ行ったんですが、ここは写真の美術館で特に中には入りませんでした。そして、車の中から「哲学の木」を見て、「千代田の丘」へ車を走らせませました。

千代田ファーム 0908+327_convert_20090906171101.jpg
この写真じゃよく解りませんよねぇ(笑)
因みに、確か羊とか牛とかいたと思います。。。

0908+326_convert_20090906171036.jpgファーム入り口に直営のレストランがありました。
ランチはここで済ませることに・・・

0908+333_convert_20090906171204.jpg ここ一番人気のビーフシチューセットです。
美瑛牛って言うのがあるんです。使用している野菜は全て八千代ファーム製です。
お肉、柔らかくて美味しかった~

0908+330_convert_20090909001657.jpg メニューの裏に・・・
こだわりの食材が記載されていました(笑)
お腹もいっぱいになったし、天候も不安定だったので、先を急ぐことに・・・

0908+343_convert_20090906171606.jpg 果敢にも、風景写真を撮影したが・・・
本当に素晴らしさが全く伝わらない!

八千代の丘見晴らし台から 0908+345_convert_20090909002259.jpg 

北海道の風景写真って、見ているその景色を収めることが私の技術とカメラでは不可能でした。途中、広大な景色&栽培している農作物の種類で、色が変化していてまるで、布のパッチワークの様になった景色を撮影するのを断念しました。
その代わり、私の記憶にはしっかり残っています。頭ん中を見せられなくって残念ですが・・・(笑)

新栄の丘展望公園 0908+353_convert_20090909222956.jpg 

このあと、三愛の丘展望台を廻り、景色を堪能してきました。運転してるから、そうそう、キョロキョロ出来ませんでしたが(笑)クリスマスツリーの木は、残念ながら見つけられませんでした(涙)

ケンとメリーの木 0908+356_convert_20090906171800.jpg
0908+357_convert_20090906171836.jpg 
この木、2人が寄り添って居るようにたたずんでいます。

0908+363_convert_20090906200235.jpg セブンスターの木

                         0908+358_convert_20090906171910.jpg

このあと、マイルドセブンの丘に廻り、いよいよ富良野へ入ります。

つづく・・・












でっかいどう~北海道!(旭川)

8月21日(金) 札幌をあとに、一路旭川にある「旭山動物園」へ車を走らせました。
高速に乗って130㎞強で動物園です。
途中、サービスエリアで休憩を取りました。

0908+080_convert_20090905213129.jpg石見沢です。
ここは、ばんば馬やアンモナイトで有名な所だそうです。

0908+081_convert_20090905213245.jpg正式には三笠市なんだけど・・・

0908+082_convert_20090905213316.jpgこれ、ベンチになってました。
ここのサービスエリアは森の中にあるんです。
0908+085_convert_20090905213354.jpg要所要所に馬の置物が設置されていました。

さて、いよいよ今回の旅行で母が一番行きたかった所に到着しました。
0908+259_convert_20090905215841.jpg旭川市旭山動物園 到着時間11:00ちょっと過ぎ

正門も東門には無料駐車場があります。私たちは、帰りの事を考えて正門の無料駐車場に運良く止めることができました。やっぱりお盆過ぎと言うことと平日だったので、思ったよりは空いていました。
早速、正門から入場し、シルバーバスに乗り込みました。(シルバーバスは文字通り、お年寄りや体の不自由な方優先なんですが、私は母の付き添いと言うことで免除され一緒に乗りました。因みに無料です。)このバスで、途中動物を見ながら正門とは反対側の東門に連れて行って貰いました。

0908+086_convert_20090905213438.jpg
総合動物舎の前を通って行きました。動いているバスから撮影したので、ダチョウしか撮れませんでしたが

0908+091_convert_20090905213758.jpg東門です。
動物園の中で高い、山の上に建っています。
ここには、レストランがあります。
ちょうど、お昼を食べるには良い頃合いだったので、早速レストランで腹ごしらえをしました(笑)

0908+087_convert_20090905213508.jpg
スープカレー、ポテトのチーズファンデュー、フランクフルト、サラダ、スイートコーンのポタージュとパン+ソフトドリンクです。

ここの食事はプレートになっていて、20種類くらい有るおかずのメニューから3品か4品選んでいただくプレートか、300食限定ホワイトカラーが主たるメニューです。
私は、3種類選んだプレートで母はホワイトカレーを頂きました。
いずれも、美味しく頂戴しました。特にホワイトカレーは北海道の幸が満載のカレーでした。

0908+088_convert_20090905213536.jpg
レストランに入ったのが、丁度11:30頃でまだ混雑する少し前だったので、目途際の見晴らしの良い席で頂きました。お天気が良かったので、このあとバルコニー席も満席になりました。
で、ちょうど、食べてる最中にレストランはほぼ満席で、入り口に長蛇の列ができはじめたころ、急にスコールの様な雨が降り出しました。
このレストランの周りはおみやげ物の売店になっていたので、動物を見る前にお土産を購入して時間つぶしをしました。
途中、小雨になったので持っていた傘を使って一番近くの東屋に行き、母をそこで待たせ、私は一度正門に戻りお土産を車にしまってきました。
そんなことをしている内に雨が止み、いよいよ動物見学を始めました。

ここの動物園は山の斜面にある動物園なので、正門が一番したで東門が上になります。
ですから、東門からくだりながら見学することにしました。

0908+096_convert_20090905213850.jpgカピパラ
なんか、妙に仲が良いカピパラたちでした(笑)

0908+099_convert_20090905220113.jpg
もぐもぐタイムのニホンザルです。先ほどの雨のため硝子に水滴が付いて見づらいのですが・・・
丁度、良いタイミングでエサやりの時に見学できました。

0908+120_convert_20090905213920.jpg
オラウータンの親子です。解りますか?子供が母親の腕にしがみついています。

0908+136_convert_20090905214002.jpg
実は、この鉄柱のところにオラウータンのエサが置いて有りました。
母親がロープを伝って柱もくだり、エサを食べたあと、上で置き去りになった居た子供が一人で降りてきて、母親が口の中で咀嚼したエサを子供に与えていました。
その後、母親は子供を抱いてまた、ロープをたどり自分たちの居住スペースに戻って行きました。
因みに、オラウータンは雨が少しでも降っていると、外には出ないそうです。
これまた、グッドタイミングでした。

0908+139_convert_20090905214035.jpgクジャク ♂
羽が開いて居るところをイメージして、見てください。

0908+144_convert_20090905214240.jpg
私の知っている鹿は奈良公園でうろついている鹿で角は取られている鹿だったので、今回、間近で見る鹿がこんな立派な角が生えているので、驚きました。(当然と言えば当然なんですけど・・・)

0908+152_convert_20090905214154.jpg
昨年オープンしたオオカミの森に住んでいるオオカミです。
遺伝的に見ると原始犬がオオカミから遺伝的に分岐していたことが解っています。ミトコンドリアDNAからでは、オオカミと犬は13万5千年前に遺伝的に分岐した事が解っています。嘗ての学者はオオカミとジャッカが混血して犬の祖になったと信じられていましたが、これはあやまりでした。
一見樺太犬やハスキー犬を思わせる雰囲気はありましたが、目つきが鋭いんですよぉ。目が金色ぽく見えるんです。昼寝の姿は我が家のお犬様とさほど違わない気がします(笑)

0908+157_convert_20090905214315.jpg
丹頂鶴です。松の枝にツーと飛んできてルと止まったりはしませんでした(汗)

0908+160_convert_20090905214350.jpg
これ、レッサーパンダです(笑)

で、仲間が・・・
0908+163_convert_20090905214428.jpg
別に手品では無いんですが・・・何故か小屋から尾っぽだけが出ていました(笑)

0908+165_convert_20090905214629.jpg
これ、お腹出して寝てるんです。流石、動物園の動物です(苦笑)で、これ何だか解りません(涙)

0908+170_convert_20090905214708.jpg
で、これの上半分は・・・

0908+175_convert_20090905214754.jpg
半身浴って言うんでしょうか?ホッキョクグマです。
0908+176_convert_20090905214820.jpg
うちのバルトか!いえ、これはホッキョクグマの片割れです(苦笑)

0908+177_convert_20090905214858.jpg
やたらウロウロ歩き回っていました。トラです。

0908+179_convert_20090905214934.jpg
この格好でず~と寝てました。ヒグマです。

0908+186_convert_20090905215019.jpg
風通しの良いところで寝ていました(笑)これ、なんだけ?

0908+190_convert_20090905215107.jpg
置物の様に微動だにしません。クロヒョウです。そこはかとなく気品が漂っていました(笑)

0908+196_convert_20090905215136.jpg
牡のライオンは不在でした。
こうやって寝顔見ているとデカイ猫ですよねぇ(苦笑)

0908+205_convert_20090905220022.jpg
名物のアザラシです。上から降りてきたり、下から上がってきたり・・・
0908+207_convert_20090905215244.jpg

0908+208_convert_20090905215327.jpg
魚眼レンズで覗いた感じです。エラく近くを泳いで居るように見えます。

0908+213_convert_20090905215406.jpg
くらげ綺麗でしたよぉ~

0908+217_convert_20090905215429.jpg
旭山動物園の名物!空飛ぶペンギン

0908+220_convert_20090905215456.jpg
0908+224_convert_20090905215537.jpg
実は、今ペンギンは卵を暖めている時期なんです。
でも、お役目に付けない若人は・・・
0908+234_convert_20090905215609.jpg
エライスピードで泳ぎ回っていたり

0908+236_convert_20090905215651.jpg
追いかけっこをしたりして遊んでいました。

で、勤務あけの父ちゃんたちは・・・
0908+251_convert_20090905215744.jpg
人間ウォッチングをしていました(笑)

0908+199_convert_20090905215208_20090906002003.jpg
ここで、動物園の真ん中あたりでしょうか?

0908+256_convert_20090905215813.jpg
最期に我々をお見送りしてくれるのが、フラミンゴでした。

全部くまなく見学して、3時間くらい楽しみました。
やはり、北国の動物園だから冬に適応している動物たちなので、いくら北海道でも流石に暑いようです。ここの動物園はやっぱり、冬来てこそ本当に動物たちが活発に動いて楽しませてくれるのだと思います。

3時少し前に全て見終えて、楽しかった動物園をあとに、旭川市内に戻りました。
時間に余裕があったので、「井上靖資料館」に行ってきました。
ここも、母が行きたかった所です。
井上靖のお父さんは旭川で軍医をしており、井上靖が養子に行くまで旭川で育ったといういきさつがあり、ここに資料館を建てたそうです。
井上靖人身も旭川には特に思い入れがあったようです。
0908+262_convert_20090905220227.jpg
とっても、静かな所にありました。
この一角は公園になっていて、その隅っこにこじんまりと建っています。
隣には、0908+264_convert_20090905220416.jpg
0908+263_convert_20090905220331.jpg
現在は、彫刻美術館として利用している建物です。

さて、今日は車の移動も距離も足も結構疲れたのでホテルに入る事にしました。
でも、ちょっとそれでも早い感じだったの旭川駅に行き観光協会で明日のルート確認をして帰ることにしました。本日のホテルは駅から比較的近いところにあります。
そして、今晩の食事は・・・

0908+270_convert_20090905221456.jpg
どこかへ食べに行くのも面倒だったので、駅に立ち寄ったついでにご当地の駅弁を買ってきました
0908+271_convert_20090905221518.jpg
0908+272_convert_20090905221548.jpg
これ、お店の人のお薦め弁当だったんですよぉ。
お薦めだけのことはありました!美味しかったです

さて、今晩の宿は・・・
0908+286_convert_20090905222838.jpg
旭川グランドホテルです。
0908+289_convert_20090905222910.jpg
ロビーです。

0908+274_convert_20090905221638.jpg
ここは、バリアフリーになった部屋で、大変ゆったりとした広い部屋でした。
母もかなり疲れたようで、部屋に段差が無いのは本当に助かりました。
このホテルの中でもバリアフリーになった部屋はそう多くはありませんので、気の利いた配慮をして貰えました。
今日は、北海道2日目でしたが、前々日の寝台列車からの疲れが出たと見えて、母はルームマッサージをお願いしてしっかりもみほぐして貰いました。
私は、旅のお伴あるKNEIPPのカモミールを入れてゆっくりタイムを楽しみました
夜は早めに寝て明日に備えました

翌朝も6時起床で、7時に朝食を頂きました。
このホテルでは朝食はバイキングか洋定食か和定食から選べます。
私たちは和定食にしたので、ホテル2Fにあるレストランで頂くことになりました。
中庭のあるとても静かなところでした。
0908+282_convert_20090905222445.jpg
私は、普通のご飯を頂いたのですが、おかゆにすることも出来ます。
朝から、これまた大変美味しいお食事でした

さて、いよいよ3日目は美瑛、富良野観光になります。

つづく・・・




1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

メルねぇ

Author:メルねぇ
このブログを始めた頃は、4頭のスペシャルにイカシテる「食・眠・遊」を実践しているスコティッシュ・テリアたちと日々呑気に過ごしている飼い主でしたが・・・
現在は、2頭になったけれど相変わらず呑気に過ごしている飼い主です。

★ scottish terrier ★
Melchior  ♂ 1998.02.17生-   
   2010.08.31没 12歳6ヶ月
Angela   ♀  2001.09.17生
   2011.02.28没  9歳5ヶ月
Agatha   ♀ 2004.09.19生
Balthasar ♂ 2005.09.07生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。