スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り気ままな散歩

先日(1月14日)に月1回の検診のため築地へ行ってきました。
検診と行っても、いつも待ち時間を入れても1時間程度で済んでしまい往復にかかる時間の方が若干長いのでは・・・と言うくらいのものです。
ですから、折角築地まで出ているので、診察が終わったあとは必ずぶらぶら歩いて来ることにしています。とは言っても全く計画性はなくって思いついた場所に行っています。
で、今回は3年越しの思いを果たすべく地下鉄を乗り換えて大手町へ行ってきました(笑)

3年越しの思いの地

DSCN0663_626_convert_20090114171407.jpgDSCN0665_628_convert_20090114171450.jpg
ちょっとマニアックですかねぇ・・・

DSCN0657_620_convert_20090114171102.jpgDSCN0658_621_convert_20090114171202.jpg
平将門(たいらのまさかど)の塚 《首塚》

何故、3年越しかと言いますと・・・丁度、3年前の2月に《お茶の水-神田-湯島-本郷-水道橋》と言うコースを散策したことがあります。
その時、銭形平次のお墓がある「神田明神」に立ち寄りました。
本来、神田明神は一之宮に大黒様、二之宮にえびす様、三之宮に平将門を御祭神として奉っています。
元々、神田明神の所在地は今の首塚がある大手町で、元和2年(1616)に江戸城の表鬼門守護の場所にあたる現在の地(神田)に遷座し、幕府により社殿が造営されました。
なぜ、首塚だけがこの地にとどまったのかは諸説あるようですが、やっぱり私は、将門の祟りという切なんじゃないかなぁ~と思っています
そんなわけで、以前訪れた神田明神だけお参りするのは片手落ちと思い、ここも訪れて是非お参りしたいと思っていたんです。
将門塚は大手町のオフィスビル群の中にひっそりとあるんです。
大して広いスペースではないのですが、入り口から直角に曲がったところに奉られています。
ボランティアの方々が熱心に清掃とお線香、お花などのお世話をしているとのことで、大変綺麗になっており、薫りの良いお線香が焚かれていました。
そうそう、塚の周りに面白いものが置いてありました。
DSCN0666_629_convert_20090114171558.jpgDSCN0668_631_convert_20090114171705.jpg
ガマ蛙です。
何故、ここにガマ蛙が置いてあるのかはよくわかりません。多分、ちゃんとした理由があるはずなんだけど・・・今度調べてみることにします(笑)

そんなわけで念願の将門の由来の地「首塚」を訪れしっかりお参りも済ませたので、満足しつつ今度は、都内ある将門由来の地を少しずつ探索してみようと新たに思いなが将門塚をあとにしました。
このあと、丁度、お昼時だったのでビジネスマンに混じってお気楽ウォーカーはランチを摂ってお散歩の続きをしました。
続きは、また明日(笑)




スポンサーサイト
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
12 02
プロフィール

メルねぇ

Author:メルねぇ
このブログを始めた頃は、4頭のスペシャルにイカシテる「食・眠・遊」を実践しているスコティッシュ・テリアたちと日々呑気に過ごしている飼い主でしたが・・・
現在は、2頭になったけれど相変わらず呑気に過ごしている飼い主です。

★ scottish terrier ★
Melchior  ♂ 1998.02.17生-   
   2010.08.31没 12歳6ヶ月
Angela   ♀  2001.09.17生
   2011.02.28没  9歳5ヶ月
Agatha   ♀ 2004.09.19生
Balthasar ♂ 2005.09.07生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。