スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り気ままな散歩 そのⅡ

お昼ご飯をがっつり食べたあと、信号を渡ってお堀端に出ました。
平川門傍に思わず2度見しちゃうくらいびっくりするような像がそびえ立っていました。

DSCN0672_635_convert_20090114171833.jpg
この人、和気清麻呂さんです。
なぜ、ここにいらっしゃるかというと・・・・このHPをご覧下さい(笑)
そして、この和気清麻呂さんの傍に震災銀杏が保存されています。

DSCN0674_637_convert_20090114171936.jpg
関東大震災のときに焼け残った銀杏で、当時この樹を復興のシンボルとしていたとのことです。

まだまだ、桜にはほど遠い気候ではありますが咲いたら綺麗なんだよねぇ~って思いながらお堀端をてくてく歩いて平川門から皇居に入りました。

DSCN0676_639_convert_20090114172204.jpg
平川門です。

ここ平川門は不浄門といわれ、江戸城の裏鬼門にあたる位置にありました。
また、ここから大奥が近いので、大奥への出入りこの門を利用したとのことです。
そしてこの平川門は「松の廊下、刃傷沙汰を起こした赤穂の殿様浅野内匠頭」「大奥の大事件江島生島の大奥お年寄り生島」などが咎人としてこの門を潜ったとのことです。

平川門を潜ると、入って直ぐに梅林坂があります。天守閣に向かっての上り坂の両脇にいろんな種類の梅の木が植えてあります。
ちょっとこちらも時期が早かったようですが、それでもちらほら梅の花が咲き何とも言えない梅の香りが漂っていました。

DSCN0679_642_convert_20090114172302.jpgDSCN0680_643_convert_20090114172603.jpg
写真をクリックして見てねぇ
こすっても薫りはしません・・・悪しからず

梅を見ながらちょっと急な坂をえっちら、こっちら登り切り、暫くすると天守閣跡が現れます。

DSCN0682_645_convert_20090114172726.jpg
天守閣

早速、上ってみました!
上からの風景です。

DSCN0700_663_convert_20090114173120.jpgDSCN0698_661_convert_20090114172931.jpg
爆風スランプの歌で一躍その名が不動の物になった・・・「玉葱」ののっかた屋根(擬宝珠の付いた屋根)の武道館
そして、香淳皇后還暦を記念して建てた「桃華楽堂」の屋根も見えます。

DSCN0702_665_convert_20090114173249.jpgDSCN0684_647_convert_20090114173646.jpg
芝生の辺りが大奥が建っていた跡地です。

天守閣から降りて左回りで見学を始めました。
皇居一般公開のエリア(赤い点線の箇所は今回は回っていません)

DSCN0685_648_convert_20090114173344.jpg
富士見櫓

DSCN0687_650_convert_20090114173450.jpg
松の廊下跡(浅野内匠頭の刃傷沙汰で有名になった)

DSCN0691_654_convert_20090114173742.jpg
富士見多聞(多聞とは防衛のために石垣の上に築かれた倉庫のこと。鉄砲や弓を納めていて、戦時には窓から撃つことが出来た。 )

DSCN0693_656_convert_20090114173822.jpgDSCN0696_659_convert_20090114173940.jpg
石室(徳川埋蔵金とか隠していたのでは・・・と思われますが、ここは大奥にも近くに在ったことから、大奥の宝物を火災時などに一時避難させるために用いたようです。)

DSCN0704_667_convert_20090114174100.jpgDSCN0705_668_convert_20090114174340.jpg
汐見坂(嘗ては、江戸城の傍まで海だったので、ここから海が見えたのでしょう。余談ですが、九段坂のところにある多いな灯籠は灯台代わりになったとのこと)
この塀のそりが美しい~(笑)

DSCN0706_669_convert_20090114174440.jpgDSCN0708_671_convert_20090114174641.jpg
嘗ては皇居正門にあった外灯です。 日本橋の欄干などにも見られる様ななんとも美しい~造形をしていました(笑)

DSCN0711_674_convert_20090114174841.jpg
諏訪の茶室

DSCN0717_680_convert_20090114174957.jpg
百人番所

DSCN0718_681_convert_20090114175051.jpg
同心番所

三の丸尚蔵館では、宮家と陶工といったような内容で宮家の方々が造られた作品が展示され、またそれを作成している風景写真が展示されていました。

帰りは、大手門から出て来ました。
途中、ベンチや休憩場などで小休止をしながら本当にのんびりとした何事にも煩わされない時間を過ごしました。

また、のんびり独り散歩を今後も楽しもうと思っています。





スポンサーサイト
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
12 02
プロフィール

メルねぇ

Author:メルねぇ
このブログを始めた頃は、4頭のスペシャルにイカシテる「食・眠・遊」を実践しているスコティッシュ・テリアたちと日々呑気に過ごしている飼い主でしたが・・・
現在は、2頭になったけれど相変わらず呑気に過ごしている飼い主です。

★ scottish terrier ★
Melchior  ♂ 1998.02.17生-   
   2010.08.31没 12歳6ヶ月
Angela   ♀  2001.09.17生
   2011.02.28没  9歳5ヶ月
Agatha   ♀ 2004.09.19生
Balthasar ♂ 2005.09.07生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。