スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんともスコッチな時計!

DSCN2557a.jpg
現在、20:50です。
この時計電池が切れているわけでは、ありません。
とっても、不思議な動きをします。
暫く見ていても、法則性が全く解明できません(汗)
短針がやけに早く動くようです。
もしかすると、時計じゃないのか?とさえ思えてきました。
伊達に、スコッチテリアの絵柄じゃない!
理解しがたいところと非実用的(役に立たない)なところが、スコッチテリアのようです(笑)
スポンサーサイト

ちっちゃな喜び(笑)

2月公演の文楽を楽しむために、ちょっとずつ文楽関連の書籍を読んでいます。
と言っても、なかなか普通の本屋さんでは書棚に「文楽」の本は少なくって、そこで思い立ったのが職場の図書館。
ちょっと特殊な職場に勤務しているので、実はこの手の本は意外とあるんですねぇ。
そんなわけで、暮れから3冊ずつ(一度気に持って帰れる本の数)借りて読み始めました。
結構ためになる本で、結局内1冊は古本屋さんで探して購入しました。

で、何がちっちゃな喜びかといいますと・・・
今日、暮れに借りた本を返却し、またもや3冊本を借りたんです。

DSCN2553_convert_20100112212237.jpg

何と、この本達・・・
右「文楽 声と音と響き」 中「文楽 そのエンチクロベティ」 左「伝統芸能シリーズ③ 文楽」
です。
そして、この本達が図書館で購入されたのが・・・
右 昭和63年 (初版本で昭和63年1月10日発行)
中 平成3年 (初版本で1989年3月15日発行)
左 平成2年 (初版本で平成2年1月10日発行)

で、何と!
DSCN2552_convert_20100112212058.jpg
ちょっと、見づらいのですが・・・
貸出期限票を見ると、いままで誰も借りた人がいないんです。
一番古い本で22年間日の目を見ていない本達だったんです。

図書館に文楽の本が意外と有ると言っても精々、20冊あるかないかですから、それを考えると何とも言いようがありませんが(苦笑)

実は、暮れに借りた3冊の本の内2冊がやはり今回と同じ状況でした。
そんなわけで、20年も日の目を見なかった本に出会えた事と、貸出期限票の最初に刻印出来たことがちっちゃな喜びだったんです。



1月11日・・・犬のお祓い

今日は、1月11日(わん・わん・わん)と言うことでペットのお祓いをして下さる神社にメルを連れて行ってきました。

DSCN2526.jpg

DSCN2527.jpg
市谷亀岡八幡宮

新宿区市谷八幡町にあります。・・・JR市谷駅より徒歩5分ってところでしょうか。外堀通り沿いにあります。

DSCN2530.jpg
急な階段を上ると茅の輪があります。
車で来られる方は、脇にある急な坂道を登り切ったところに駐車場があります。

そうそう、ペットのお祓いはちゃんと事前に予約を入れておかねばならないのです。
で、ウチの場合は今朝思い立ったので10:00頃メールで予約いれて、お祓いの時間を指定し念のため電話で確認をしました。運良く、13:30のグループに入ることができました。
思い立ったら吉日ですねぇ(笑)
早速、スコッチ号にメルと母を乗せて一路、市谷へ
意外と順調に神社に着きました。

早速、手水で手や口をすすぎお清めをしてから茅の輪を潜ります。
拝殿前に用意してある椅子に腰掛けてお祓いをしていただきます。

DSCN2536.jpg
お願いしていたお札を用意して下さる巫女さんです。

DSCN2537.jpg
お祓いの準備をしている神官さんです。玉串の用意とかされていました。

DSCN2540.jpg
お祓いをしていただく前に、まだ手水で清めていない方々にご指導くださいました。

DSCN2539.jpg
お祓いの前に、手水で清めて茅の輪を潜ります。

全員がお清めが済んでから、いよいよお祓いが始まります。
神官さんが詔を読んで、2組ずつ玉串を奉納します。

DSCN2542.jpg
玉串を奉納し、全員が着席したら神官さんが1頭ずつお清めの紙を撒いてくれました。これにて、お祓いは終了です。

DSCN2544.jpg
お祓いが終わってすっきり、さっぱりして記念写真!

帰ろうとしたとき、神社側にお住まいのスコッチのコテツ君に遭遇しました。
7歳の男の子だそうです。
DSCN2548.jpg
カットは、お母さんが適当にしているとか・・・とってもなつっこい子でした。

DSCN2546.jpg
ひとしきりクンクンしてお別れしました。

DSCN2550a.jpg

一頭ずつお札を作っていただきました。
早速、犬たちの部屋に飾りました。一応、方角は南に向けてあります。

DSCN2551a.jpg

これで、今年1年犬たちは健康で過ごせるでしょう(笑)

なんてこったぁ!

v001_convert_20090525215954.jpg
私の愛車、スコッチ号のトレードマークの一つピンクのスコッチテリアステッカーを昨夜未明盗まれてしまいました(号泣)
犯人はわかりません!って解っていたら返して貰いますけどねぇ(怒)
一体全体、この半年雨風にさらされたステッカーを持って行ってどうするきなんでしょうか?
こんな小さなことでも、盗めば立派な犯罪です!
流石に、警察沙汰にはしませんが、こんな事は絶対にしてはいけません。

実は、このステッカーの他にも身障者用のステッカーも貼っていました。そのステッカーも持って行かれてしまいました。
マグネット式なので、誰でも取り外しは出来ますが、取られた方は気分悪いです。かなり!

それと、もう一つ・・・
DSCN2493_convert_20100106223118_convert_20100106223423.jpg
解りますかねぇ・・・祠の前にちょこんとワンカップのお酒を置いています。
朝、私が仕事に出かける時には、このお酒がず~と手前の小さな植え込みの前に移動していました。
飲まれた形跡はありません。

なんだか、立て続けに不可解なことが・・・新年早々不愉快極まりない!って、気分を害してしております。

七草粥

昨日は1月7日と言うことで、いつもなら朝食で七草粥を頂くはずだったんです。
今年は、1月7日がいつもの朝ではありませんでした。
って言う程大げさなことではなく(笑)ただ、単に朝からあれこれ考えていたので、至って普通の朝ご飯を食べてしまった訳です。
何しろ、あれこれ考えることにあまり馴れていないせいもありますが、心、ここにあらずと言うのでしょうか、食事を摂ることには気が回らなかったのです。
で、何を考えていたかと言いますと・・・朝、10時に国立劇場で文楽2月公演のチケット販売開始と言うこと、夜聴きに行く現代音楽の演奏会のことと、それに伴って職場での仕事の配分なんかを珍しく頭に思い浮かべて段取りを考えていたんです(笑)
何しろ、文楽の東京公演は2月、5月、9月、12月で、しかも座席数は554席しかありません。
2月公演と言っても5日~21日までしか公演しませんから、一月で17回、そして、客席数が554席と言うことは、一月一演目あたり9418名の人しか見られません。しかも、文楽は熱狂的なファンがいらっしゃるので同じ演目を何度も見る方もしくは団体がいるから、私のような全くのビギナーには入手困難な訳です。
ネット注文も出来るんですが、座席は自動振り分けなので端っこの席とかになってしまうのです。
ですから、電話予約をするのでもなかなか繋がらない。
そんなわけで、10時から電話を掛けることになったんですが、いくら何でも仕事中に電話かけれませんから(苦笑)母に頼んだ次第です。で、その内合わせと段取りを御飯食べながらしてたわけです。
しかも、夜はウチで食べないからとか何だか業務連絡のように指示したり、説明したりと貴重な朝の時間を割いてしまったわけです。で、自分が今、何を口に入れて食べているかなんてことは全く気に掛けることも無く、ウチを出たのです。
5280_3_convert_20100108012636.jpg 5280_4_convert_20100108012706.jpg
文楽のビギナーとしては、近松もので有名な「曾根崎心中」をどうしても見たくて、公演中で行ける日をピックアップして母に予約を託したのです。
そして、職場に着いて「あぁ!今日7日じゃないかぁ!・・・七草粥食べ忘れたぁ!!」って気づき、(何故職場に着く前に気づかなかったのか?不思議です(笑))多分、電車の中とかでは、2月に行けるであろう文楽の事を考え、床本とかあらすじとか文楽に行くに当たって準備することをあれこれシュミレーションしていたからだと思います(笑)

自分が七草粥を食べていない事が、どうも落ち着かなくって朝デスクに着くやいなや、お昼御飯で「七草粥」を食べよう!と密かに盛り上がって居ました。お陰で、仕事は順調に捗り、無事昼休憩の時間がやって来ました。
もう、頭の中は「七草粥」に占領されてしまい脇目もふらず、毎年七草粥を定食で出してくれるお店に急ぎました。

SN3F0002.jpg 七草粥と刺身定食 九百円也
七草粥、小鉢、香の物、刺身(鮪3切れ、鰺3切れ、ホタテ、カンパチ)、味噌汁が本日のメニューです。
やっぱり、プロの作ったお粥は美味しい!(既に刺身を二切れほど食べてからの撮影です)
これで、無事に七草粥にありつけて今年も無事に過ごせるという物です。
さて、昼食もとり休憩時間も終わり午後の仕事に入り、暫くすると自宅より文楽チケット入手の知らせが入りました。
入手出来たのは第5候補日でしたが、1等席の後ろの方15列の23番と比較的真ん中が取れました。
電話をかけただけでも、なかなか繋がらず、随分と母から愚痴られました(汗)
ホント、お母様ありがとう!でございます。
これで、本日2つめのミッションも無事終了しました。
そして、最期のミッションです。

SN3F0003.jpg
『三瀬和朗作品の夕べ』若い演奏家達にⅠを京王線初台にあるオペラシティ・リサイタルホールへ向かいました。
勤務時間が9:45~17:45が通常勤務時間なので、仕事をサクサクとこなし(なんて言うとちょっと格好良いですが(苦笑))翌日に控えた演奏会の準備を整え、計画していた仕事を珍しくテキパキとしてきっちり定時上がりで、会場へ向かいました。
19:00開演なので、それに合わせて行くことが出来ました。
現代音楽というと、どうも二の足を踏んでしまうんです。取っつきにくいと言うか、奏者が発する音に色を感じないと言うか、情景が思い描けないから不安が募るとか・・・敬遠してしまうのには色々理由がありますが(笑)しかも以前、コンピューターも駆使した現代作曲家の作品を聴いた次の日に熱を出した事もありますし・・・
そんな訳で、ハッピー、ラッキーって気分で訪れた訳ではないのですが・・・
でも、最初に演奏された「四重奏」では、これはあくまでも私の感想ですが・・・
自分が宇宙空間に浮遊しているようで、不快な気分ではありませんでした。
勿論現代音楽特有の変わった奏法で奏でられる音とは旋律などは多少は有るものの、意外と楽しく拝聴することが出来ました。また、現代作曲家の演奏会にしては大変珍しく、来場者もほぼ満席状態でした。
新しい刺激を受けながら何かに突き動かされる感じでした。
演奏会終了後、会場のあるビルの中で高カロリー食品をガッツリ頂き、ほぼ終電近くの電車で帰路に着きました。
ギリギリ日付が変わる前に玄関に足を入れることができました(笑)
翌日は、仕事で今度は声楽の演奏会をしなくてはいけないので、(これも結構辛い演奏会で18:00開演で終演が21:00過ぎなんです。。。)結構ハードなんですけど・・・仕事始まったばかりですので、そう愚痴らずに頑張りました。

さて、我が家の七草粥は・・・何しろ7日は午前様だったので結局、8日の朝頂きました(笑)




話は遡り・・・

今年はちゃんと初詣を元旦に行ってきました。
と言うのも、ウチのエリアの氏神さまは元日と七五三しか明けないのでこの機を逃すとなかなか拝みにくい神社なんです。ウチから車で15分位の所にあります。

DSCN2498_convert_20100106221149.jpg 

月読神社
月読神社・御祭神 : 神月夜見尊   日本国の天照大神と共に夜の国をしろめし給う
配祀神 : 大日霊真尊 白山媛命 猿田彦命
 
1534年に領主小島佐渡守が亀井城の卯の方に天下泰平・五穀豊穣を祈願して社殿を建立したらしい。
大正に入り、上麻生熊野神社・白山社、下麻生日枝神社を合祀し。同時に指定村社麻生神社となった。しかし、月讀神社の社号は全國にも極めて稀なところから再び元の月讀神社と社号が変わったとのこと。
ここで出てくる「上麻生熊野神社・白山社」と言うのが、ウチの裏に有った神社です。
もともと、ウチの玄関前を通る道は古い鎌倉街道だったとのこと。
その名残が・・・
DSCN2493_convert_20100106223118_convert_20100106223423.jpg  DSCN2494_convert_20100106223200_convert_20100106223458.jpg
この祠はここから水が湧いているので水神を奉って居た名残か? こちらは、地神、庚申様、馬頭観音が奉られています。
因みに、祠はウチの玄関先にあります。

さて、月読神社へはお昼頃参拝しました。
そして、夕方には犬の散歩と兼ねて一番近所にある神社にお参りに行きました。

DSCN2507_convert_20100106221300.jpg   DSCN2508_convert_20100106221457.jpg

十二神社
祭神 : 宇気母智大神(うけもちのおおかみ)
宇気母智大神とは、「食物の神様」であり、保食の神とも記され、五穀を司どる神といわれています。
十二神社は、12柱の神々という意味で、十二柱は天神7代と地神5代からなり、生命の発展ならびに伸長の源になる大神とされ、これらを、祀ってある事に社名の由来があるといわれている。

と言ったことが、左側の写真の石碑に刻まれています。
ここの神社は昨年まで、元旦でも穴場の神社だったんです。で、その調子でお参りにいったらビックリ!
長蛇の列。30分位待たされました。昨年あたりから土地開発が進み人口が急増したのと、多分不景気も理由の一つのようです。
ここへは、バルトを伴ってお参りをしてきました。
DSCN2513b.jpg 
本殿裏手にあったお社の前で・・・
元旦は神社のはしごをして一生懸命神頼みをしてきました
こうして、新年最初の行事は無事終了しました。
しかし、まだちょっ神頼みが足りない気がしていたので、1月3日(日)大安だったのでこれまた車で15分位のところにある神社へお参りしてきました。

SN3F0002-a.jpg  SN3F0005-a.jpg
琴平神社←クリックしてみて
御祭神:天照大御神、大物主神  天照大御神は伊勢の神宮の神様、大物主神は四国讃岐の金刀比羅宮の神様です。
ここは、何故だかお正月に茅の輪?ができます。門松と一緒にあるのですが・・・
そして、本殿奥に・・・
SN3F0004-a.jpg 
銭洗い弁天があります。
他にもおまつりしているお社があります。

と言うわけで、八百万の神々にお参りしそれほど大それたお願いせず、ただただ1年無事に過ごせるようにと神頼みしてきました。
因みに、琴平神社は金比羅様の分祀なんです。海なんかは遙か遠く山ん中にあるんです(笑)
神社も由来を読んだりするといろいろ面白いものです。

2010年の仕事始め~

DSCN2504_convert_20100105224107.jpg 
アタシ、アンちゃんデス。 今日は1日寝てました だって、五月蠅いメルねぇさんがやっとお仕事にいってくれたからねぇ

あぁ~今年のお正月休みも終わってしまった(涙)
あと、2・3日はお休みしたかったなぁ~って思っています(苦笑)
久々に電車乗ってバス乗って職場に行くんですが、どうも休みの間に歩く速度が遅くなったようで・・・
駅まで10分程度なんですが、今日は15分ちょっとかかってしまいました。
お陰で、予定していた電車に乗れず、バスも1台遅くなり職場に着いたのは何と!5分前(汗)
新年の挨拶もそこそこで席についておもむろにPC立ち上げ、デスクを拭いて、最初にした仕事は迷惑メール削除でしたわぁ(トホホ)またもや559通もの迷惑メール。
日付みたら、12月24日にダントツで多かった。よっぽど暇人が沢山居るんですねぇ(怒)
さて、仕事もそこそここなし1日振り返ると・・・妙に背中の筋が張っていて疲れましたわぁ(笑)
社会復帰初日も無事終了し、今年1年、今日くらい平穏に過ごせるといいなぁ~と願うばかりです。

今年の御勅題って・・・

昨年末から気になっていました(笑)
ネットで検索すりゃ直ぐ解ったのにねぇ・・・
どうしても気になって、検索してみました。

でした。
御勅題って皆さんご存じとは思いますが・・・天皇の出される詩歌の題。特に、新年の歌会始の題です。
何で、気になっていたかと言うと、この御勅題が茶道やその他色々なところで用いられるんです。
たとえは、お懐紙のデザインやお茶碗のデザインなど・・・
光・・・と言う題だとどんなデザインになるのかちょっと楽しみです。

明けましておめでとうございます!

nengajo.jpg

昨年中は大変お世話になりました。

今年も色んな事に興味を持って、楽しみながら色んな街を散歩しようと思っています(笑)
どこかで見かけたら是非、声を掛けてくださいねぇ!・・・ってどれだけの方が私をご存じでしょうか?

こんな私ですが、本年もどうぞ宜しくお願いします!

皆様もどうぞご健康で、穏やかな一年をお過ごしください。
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12 02
プロフィール

メルねぇ

Author:メルねぇ
このブログを始めた頃は、4頭のスペシャルにイカシテる「食・眠・遊」を実践しているスコティッシュ・テリアたちと日々呑気に過ごしている飼い主でしたが・・・
現在は、2頭になったけれど相変わらず呑気に過ごしている飼い主です。

★ scottish terrier ★
Melchior  ♂ 1998.02.17生-   
   2010.08.31没 12歳6ヶ月
Angela   ♀  2001.09.17生
   2011.02.28没  9歳5ヶ月
Agatha   ♀ 2004.09.19生
Balthasar ♂ 2005.09.07生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。