スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アガサ無事退院!

DSC_0003.jpg

金曜日に入院して、土曜日手術し無事本日戻って参りました。
やはり、多くの歯を抜きました。
本日、病院に伺って手術の内容と病状について懇切丁寧に教えてくださいました。
手術中の写真を見ながら治療方法を伺ってきました。
やはり、奥歯の歯根から鼻の方に細菌が入ってしまい化膿していたようです。
歯も、ところどころ骨も溶けかかっていたようです。今回の手術で骨を再生させる薬を注入してもらったり、いろいろ手を施していただきました。歯も大分抜いたのですが、歯茎が化膿しているので部分的に歯茎を縫ってもらっています。この糸は6か月くらいで自然に溶けるとのこと。
今回、手術するためにいろいろな検査もしていただきました。
まだ、すべての結果が出ているわけじゃないけど血液検査で分かったことは、肝臓の数値が極端に悪いこと。それと良いことも解りました。とっても元気な血液で普通の倍くらいの量が入っているそうです。これは遺伝らしいので、父ちゃんと母ちゃんのおかげです。それと、口の中が酷いことになっていた割に、細菌が少なかったそうです。肝臓の数値以外はほとんど問題がないそうです。せめてもの救いです(笑)

DSC_0004_20110410211519.jpg

まだ、本調子ではありませんが意外と元気です。
食事は、生肉オンリーです。
一番、口の中にカスたまらず良いそうです。
一週間はお肉だけの生活になります。アガサとっても嬉しいようです。
さて、歯磨きの嫌いなアガサは今後そのようにケアーをして行けばよいか・・・先生から伺ってきました。
ドライフードで歯磨き効果のあるものも確かにあるのですが、思いのほか効果が上がらないようです。
そこで、お勧めの方法は「牛すじ」の肉のないところを40分くらいグツグツ煮たものを週1回くらい与えると良いそうです。牛筋すじをくちゃくちゃ噛ませることで歯石などと取ってくれるそうです。これ、先生のおすすめ!
週1位なら太らないしねぇ。歯石とりのガムより効果抜群だそうです(喜)
これなら、アガサもバルトもいけそうです。

さて、肝臓の数値のことですが、これも色々あるようです。
ウチの場合は、4頭いた子がすべて数値が高かったことを考えるとやはり餌に問題があったのかもしれない、これは薄々感じていたんですが(苦笑)先生がおっしゃるには、フードに配合されている成分の何かに反応しているのだと言います。ウチの子が苦手だったり嫌いなものがフードの成分に入っているとそれがアレルゲンのようになってしまい体がその成分に拒絶反応を示してしまうそうです。そして、これが原因で肝臓の数値が上がってしまうのだそうです。このあたりも見直しを図らねばなりません。
課題山積ですが、一つづつでも解決してゆかねばなりません。

今度、アガサは24日にお医者さんに様子を見せに行きます。
その時には、いろんな検査の結果が出ていると思います。

さて、2日間一人っ子だったバルトは、アガサ姉ちゃんが戻ってきて嬉しかったようです。でも・・・

DSC_0006_20110410214748.jpg

ちょっと複雑な気もしているようです(笑)
スポンサーサイト
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
03 05
プロフィール

メルねぇ

Author:メルねぇ
このブログを始めた頃は、4頭のスペシャルにイカシテる「食・眠・遊」を実践しているスコティッシュ・テリアたちと日々呑気に過ごしている飼い主でしたが・・・
現在は、2頭になったけれど相変わらず呑気に過ごしている飼い主です。

★ scottish terrier ★
Melchior  ♂ 1998.02.17生-   
   2010.08.31没 12歳6ヶ月
Angela   ♀  2001.09.17生
   2011.02.28没  9歳5ヶ月
Agatha   ♀ 2004.09.19生
Balthasar ♂ 2005.09.07生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。