スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り気ままな散歩

先日(1月14日)に月1回の検診のため築地へ行ってきました。
検診と行っても、いつも待ち時間を入れても1時間程度で済んでしまい往復にかかる時間の方が若干長いのでは・・・と言うくらいのものです。
ですから、折角築地まで出ているので、診察が終わったあとは必ずぶらぶら歩いて来ることにしています。とは言っても全く計画性はなくって思いついた場所に行っています。
で、今回は3年越しの思いを果たすべく地下鉄を乗り換えて大手町へ行ってきました(笑)

3年越しの思いの地

DSCN0663_626_convert_20090114171407.jpgDSCN0665_628_convert_20090114171450.jpg
ちょっとマニアックですかねぇ・・・

DSCN0657_620_convert_20090114171102.jpgDSCN0658_621_convert_20090114171202.jpg
平将門(たいらのまさかど)の塚 《首塚》

何故、3年越しかと言いますと・・・丁度、3年前の2月に《お茶の水-神田-湯島-本郷-水道橋》と言うコースを散策したことがあります。
その時、銭形平次のお墓がある「神田明神」に立ち寄りました。
本来、神田明神は一之宮に大黒様、二之宮にえびす様、三之宮に平将門を御祭神として奉っています。
元々、神田明神の所在地は今の首塚がある大手町で、元和2年(1616)に江戸城の表鬼門守護の場所にあたる現在の地(神田)に遷座し、幕府により社殿が造営されました。
なぜ、首塚だけがこの地にとどまったのかは諸説あるようですが、やっぱり私は、将門の祟りという切なんじゃないかなぁ~と思っています
そんなわけで、以前訪れた神田明神だけお参りするのは片手落ちと思い、ここも訪れて是非お参りしたいと思っていたんです。
将門塚は大手町のオフィスビル群の中にひっそりとあるんです。
大して広いスペースではないのですが、入り口から直角に曲がったところに奉られています。
ボランティアの方々が熱心に清掃とお線香、お花などのお世話をしているとのことで、大変綺麗になっており、薫りの良いお線香が焚かれていました。
そうそう、塚の周りに面白いものが置いてありました。
DSCN0666_629_convert_20090114171558.jpgDSCN0668_631_convert_20090114171705.jpg
ガマ蛙です。
何故、ここにガマ蛙が置いてあるのかはよくわかりません。多分、ちゃんとした理由があるはずなんだけど・・・今度調べてみることにします(笑)

そんなわけで念願の将門の由来の地「首塚」を訪れしっかりお参りも済ませたので、満足しつつ今度は、都内ある将門由来の地を少しずつ探索してみようと新たに思いなが将門塚をあとにしました。
このあと、丁度、お昼時だったのでビジネスマンに混じってお気楽ウォーカーはランチを摂ってお散歩の続きをしました。
続きは、また明日(笑)




スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

将門あれこれ
大手町のは一回行ったことあったかな。
むかし大手町勤め(9年間)だったので、日本橋とか八重洲とか東京駅のあたりよく歩いたので。
今はすっかり景色が変わっちゃった……(泣)。

首塚は移動させようとしていろいろあったというよね。
何しろ関東一円を一度は従えたわけだから。
前住んでた我孫子にも将門ゆかりの神社かなんかがあります。

神田明神のところの天野屋という甘酒屋は行った?
夏は冷やしたのがおいしいよ。
店の下で室に入れて酒麹作ってるから抜群においしい。
Posted at 2009.01.16 (16:48) by ぱぐ (URL) | [編集]
★ぱぐさま
日本橋は、それほど変わっていないと思うけど・・・八重洲や丸の内は全くと言っていいほど変わりましたよねぇ。。。
そっか、大手町勤務経験者だったんですねぇ(笑)
あの辺りも大きくは変化していないと思うけど・・・
帝都物語とかに出てくる将門の印象が強くってねぇ(笑)でも、将門は下総や筑波のあたりでは大変民衆に愛されていた頼りになる人のようでしたし、歴史の常なのでしょうが、勝てば官軍で負けたら逆賊ってことになっちゃうんでしょう。。。
我孫子や成田の方にも足を伸ばそうとも思っているのだけど・・・年内は難しいなぁ~きっと(笑)フィールドワークには先立つものが・・・(笑)
ところで、神田明神の天野屋さんは有名ですよねぇ。
3年前に言ったときは真冬でしたので、ホットの甘酒を頂きました。
店のしたの室って言うのが凄いねぇ。

ぱぐさんがお住まいの所も、新田義貞由来の古跡が結構残っていますし、結構散策楽しめるところですよねぇ。
小学生の頃住んでいた所なので、懐かしいですよぉ~良く自転車乗ってあっちこっちのお寺や神社を巡っていました。
確か、愛染明王を奉ったお不動様があって薄暗くなってからそこに行ったものだからそりゃ~怖くって、すっ飛んで家に帰った思い出があります。
そして、次の日に家族でもう一度そのお寺を訪れたって思い出があります。
そのお寺もう一度訪れたい気もするんですが・・・
Posted at 2009.01.16 (22:58) by メルねぇ (URL) | [編集]
一度タクシーの中からこの先だよと教えてもらった覚えが・・・。
ホントにビルとビルの間に挟まって(? 笑)ったような気が・・・。
でものんびりお散歩もいいですよね~。
ついせかせか歩いてしまいます。
特に東京に行った時は”目的地まで最短で行く事”を目標にしているふしが・・・。(笑)
また、素敵な所を紹介してください。

↓自分の本棚かと思いましたわ!(笑)
私も小中学生の頃、角川文庫の金田一シリーズを片っ端から読んだ事を思い出しました。
ちょっと淫靡な世界にドキドキして・・・。(笑)
久しぶりにまた読んでみようかな。
綾辻さんがお好きなら二階堂黎人さんもお好きでは?
後、北村薫さんの円紫師匠シリーズとか、北森鴻さんの旗師シリーズとかも多分お好きかと・・・。是非!
Posted at 2009.01.16 (23:26) by あこ (URL) | [編集]
★あこさま
私が地方に行くとやっぱり、のんびりとは行かず駆け足ですよぉ(笑)

おぉ~こちらにも御同類が(笑)
はい、はいそうです。二階堂黎人さんも霧舎巧さんなどなど(笑)
島田荘司さんを慕って大学ミステリ研究会出身者が一頃流行りましたよねぇ。でも、京極夏彦さんしかり、どうも説明の文書がくどくってねぇ
(笑)それに、だんだん本が分厚くなって文庫本で1500円とか2000円近くする本も出て・・・
でねぇ、ミステリーって一度読むよっぽどのことがないと読み返さないでしょ、だから読んでそこそこ溜まってくるとBOOK OFFに持って行っちゃうんです。
そうすると、数年してまた以前読んだ本買っちゃったりするんですよねぇ。で、読んでて「アレッ?」ってことあるんですよ(笑)

Posted at 2009.01.17 (00:58) by メルねぇ (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

メルねぇ

Author:メルねぇ
このブログを始めた頃は、4頭のスペシャルにイカシテる「食・眠・遊」を実践しているスコティッシュ・テリアたちと日々呑気に過ごしている飼い主でしたが・・・
現在は、2頭になったけれど相変わらず呑気に過ごしている飼い主です。

★ scottish terrier ★
Melchior  ♂ 1998.02.17生-   
   2010.08.31没 12歳6ヶ月
Angela   ♀  2001.09.17生
   2011.02.28没  9歳5ヶ月
Agatha   ♀ 2004.09.19生
Balthasar ♂ 2005.09.07生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。